【夏至】一陰生

陽が一番高くなる日

6月21日 夏至

 “陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也”(暦便覧)

一年の中で最も昼の時間が長く、夜の時間の短い日。
「日長きこと至る」という意味があります。

陽が高まり、陰に転ずる(陰陽転化)
これから日ごとに昼の時間が短くなっていきます。

日本では梅雨の時期にあたります。
湿の邪気による不調が出やすい時期でもあります。

・頭や身体が重くだるい
・足が下半身がむくむ
・下痢や軟便
・頭痛、関節痛や不快感
・疲れやすい

このような症状がでてまっせんか?
湿の邪気は消化の働きである五臓の「脾」を傷めるため、
エネルギーを生み出せず力不足になったり、
また脾のはたらきは水分代謝と関わっているため
体内で水が滞りやすくなります。
 

日本ではこれからが夏本番!
体感する暑さは遅れてやってきます。
蒸し暑さで夏バテをしないよう、
「脾胃」(消化器官)養う食材を中心に、
水分代謝を高める食材を摂り入れることが養生につながります♪


冷たい飲み物や食べ物はほどほどに。
蒸し暑くなると冷たい飲み物を欲してしまいますが、
胃腸が冷えてしまい働きがますます低下してしまいます。
なるべく冷たい物は控えたり、
体を温める食材や代謝を高める食材を多めにとり入れるよう心がけてくださいね^^

大賀ハス

今月の薬膳教室スケジュール

11月の薬膳レッスン季節「冬の薬膳」
11(水)満席
12(木)満席
13(金)満席
14(土)満席
16(月)満席
17(火)満席
15(水)満席
2021年1月の薬膳レッスン五臓「腎の薬膳」
13(水)満席
14(木)満席
15(金)残席2
16(土)残席1
19(火)残席1
20(水)満席
21(木)満席