【立冬】季節は冬へ

11月6日頃 【立冬】

「冬の気立ち始めて いよいよ冷ゆれば也」(暦便覧)

冬の気配が感じられる頃。
木枯らしが吹き、寒さを感じる季節となりました。

暦の上では今日から立春の前日までを
冬の季節とされています。

「立」には、新しい季節になるという意味があり、
今日から新しい季節『冬』の始まりです。


■木枯らし1号
木枯らしは晩秋から初冬に吹く冷たい北風で、
木の葉が落ちゆく様に由来します。

先日「木枯らし1号」が吹いたと気象庁から発表されましたが、
木枯らし1号が吹くと冬がやってきたな、と思います。

ちなみに「木枯らし1号」の発表は関東と近畿地方だけ。
東北の友人から「すでに毎日冷たい風が吹き荒れている」と
メッセージをもらったのですが、
東北や北海道では立冬を待たずに冬が来ているのですね。


冬の養生は「蔵」

千葉の街並みでは銀杏の木が黄色に色づいてきました。
万物が枯れ行き、眠りにつく季節。

秋の実りを蔵に収めて蔵む(しまっしておく)季節。
動物たちは体に栄養を蓄え冬眠に入ります。
私たちも活動エネルギーを蓄え、
寒さから身を守り、体を暖かくして過ごしくださいね。


晩秋の養生
寒さの邪気が体表からも、
鼻や口からも体内へ入ってきます。

まずは防寒!
「首回り・手首・足首」
三首を冷やさぬよう保護してくださいませ。

そして食べて追い出せ!
発汗させて、
巡らせる食材がお勧めです♪

身近な食材では、
ネギや生姜を少しづつ取り入れてくださいませ。

温かいスープやグラタン、
じっくり煮込んだ煮込み料理が
美味しい季節になりましたね。




今月の薬膳教室スケジュール

11月の薬膳レッスン季節「冬の薬膳」
11(水)満席
12(木)満席
13(金)満席
14(土)満席
16(月)満席
17(火)満席
15(水)満席
2021年1月の薬膳レッスン五臓「腎の薬膳」
13(水)満席
14(木)満席
15(金)残席2
16(土)残席1
19(火)残席1
20(水)満席
21(木)満席