【雨水】雪が解ける頃

2月18日頃 【雨水】(うすい)

(2021年は2月18日)

”陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也”(暦便覧)

降る雪も雨に変わり、氷が溶けて水になる頃。
農耕を始める目安とされています。
雨水にお雛様を飾ると良縁に恵まれるという云われも在りますよ♪

初候:土脈潤起(どみゃくうるおいおこる)2月19日~23日頃
 雨が降り、大地が潤い始める頃。

次候:霞始靆(かすみはじめてたなびく) 2月24~28日頃
 春の霞(かすみ)が現われる頃。

末候::草木萌動(そうもくもえうごく) 3月1日~-4日頃
 草木の芽が出始める頃。



今年は北海道や東北、日本海側の地方では、
大雪となっていますね。

関東では日差しの中に春の気配を感じるようになりました。
寒暖差が大きい季節でもありますので、
体調を崩されないよう、
気持ちをゆるませないようお気をつけてお越しくださいませ。


春はいろいろなものがストレスとなり、
自律神経が乱れやすい季節です。

外からの刺激だけではなく、
体の中で生まれてくる不安や苛立ち、
焦りなどの感情も刺激となります。

春の日差しに包まれまがら、
お空を見上げて♪
ゆったりと深呼吸をしてみてくださいね^^

今年も福寿草の花が咲きました♪

今月の薬膳教室スケジュール

5月の薬膳レッスン季節の薬膳・梅雨
12(水)残席1
13(木)残席1
14(金)満席
15(土)満席
17(月)満席
18(火)満席
19(水)満席
6月の薬膳レッスン五臓の薬膳・脾
9(水)残席1
10(木)残席1
11(金)残席1
12(土)残席2
14(月)満席
15(火)満席
16(水)満席