【小満】ちいさな満足

5月21日【小満】しょうまん

(2021年は5月21日)
二十四節気の8番目



”万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る”(歴便覧)

万物が成長し天地に満ちはじめる頃。

夏らしい太陽の光を浴びて、
草木などが成長し生い茂り、
草花も、虫たちも楽しく活動しています♪


「小満」とは、
秋にまいた麦の穂が育ち
気持ちがほっとすることから、
”小さな満足”という意味でこの名がついたといわれています。

初候:蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ) 5月20日~25日頃
 蚕が桑の葉をたくさん食べて成長する頃。
 桑の実の摘み頃ももうすぐです♪

次項:紅花栄 (べにばなさかう) 5月26日~30日頃
 紅色の花が満開となる頃。

末候:麦秋至 (むぎのあきいたる) 5月31日~6月4日頃
 麦が熟し金色の穂をつける頃。
 この時期の季語に「麦嵐」があります。麦の収穫の頃に爽やかな風が吹きます♪




小さな満足「小満」。˖✧˖°
大なり小なりある節気でも、
二十四節気の暦の中には”大きな満足”はありません。

小さく満ち足りている程がちょうどよい。

そんなメッセージでしょうか。




梅雨入りの季節です。
田畑にとっては豊作を祈う恵みの雨ですが、
私たちにとって高い湿度は邪気になってしまいます。

・初期の頃は少し発汗させる食材を♪
・湿気に弱い消化器官に優しい食材と
 負担をかけない調理を選びましょう。
・香りの食材や利尿作用のある食材で水分代謝を高めましょう。
・体の中で熱性の邪気に変わることもあります。
 食べ物の食薬を上手に利用してください。

湿気の高い時期は「だるさや疲れ」を感じやすくなります。
体の中の湿気対策をして梅雨の季節も爽やかにお過ごしください ˖✧˖°

今月の薬膳教室スケジュール

6月の薬膳レッスン五臓の薬膳・脾
9(水)残席1
10(木)満席
11(金)満席
12(土)満席
14(月)満席
15(火)残席1
16(水)満席
7月の薬膳レッスン季節の薬膳・夏
7(水)残席1
8(木)満席
9(金)満席
10(土)残席1
12(月)残席1
13(火)※3名より開催
14(水)満席