【芒種】のぎは主食

6月5日【芒種】ぼうしゅ

(2021年は6月5日)
二十四節気の9番目


(のぎある穀類、稼種する時也(暦便覧)”(歴便覧)

芒(のぎ)=イネ科の突起上の穂のこと
稲や麦など穂の出る植物の種を蒔く頃となりました。

田んぼの稲穂もぐんと成長を始めます。
全国的に梅雨入りの季節です。

初候:螳螂生(かまきりしょうず) 6月5日~9日頃
 カマキリが生まれ出る頃。
 農作物にとって、カマキリは害虫を捕食してくれる有益な昆虫です。

次項:腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) 6月10日~15日頃
 水辺の草陰から、蛍が光を放ちながら飛び始める頃。
 腐った草や竹の根が蒸れて蛍になると考えられていたようですよ。

末候:梅子黄 (うめのみきばむ) 6月16日~20日頃
 梅の実が黄色くなって熟す頃。
 「梅雨」​という言葉は、”梅の実が熟す頃の雨”が由来です。


のぎ(芒)のあるイネ科の植物は
多くの地域で主食となる大切な食物です。

二十四節気は季節の移ろいを節目で分けたもので、
農耕の目安とされる言葉が多く使われています。

「芒(のぎ)の種を蒔く頃」があることからも、
私たちにとって主食の大切さを伝えているようですね .°˖✧˖°



作物の品種改良も進み、
地球温暖化の影響もあり、
田植えの時期も早くなりましたが、

カマキリの姿が現れたり、
源氏ホタルを見るイベントがあったり、
梅仕事が始まりをお知らせしてくれたり♪
二十四節気七十二候では、
季節の移ろいと動物たちの変化もお知らせしてくれています♪



今年は梅の実がすでに黄色に熟していますね。
少し早めの梅仕事が始まりました。

梅雨が長いと予報されているので
カビなどが心配ですが、
ゆっくりと美味しく熟成させて
無事に梅干しが完成しますように.°˖✧˖°


私たちの体も
湿気と暑さで体調管理が難しい季節です。
消化器官の不調によるトラブルが多くなりますので、
いつも以上に
消化に負担のかからない食生活を心がけてくださいね^^

気持ちも涼やかに♪
体の中の湿気や熱は上手に代謝させながら
梅雨の季節を元気に乗り切ってくださいませ。



今月の薬膳教室スケジュール

6月の薬膳レッスン五臓の薬膳・脾
9(水)残席1
10(木)満席
11(金)満席
12(土)満席
14(月)満席
15(火)残席1
16(水)満席
7月の薬膳レッスン季節の薬膳・夏
7(水)残席1
8(木)満席
9(金)満席
10(土)残席1
12(月)残席1
13(火)※3名より開催
14(水)満席

前の記事

【桑椹】桑の実