【夏至】一陰生

陽が一番高くなる日

6月21日 【夏至】げし

(2021年は6月5日)
二十四節気の10番目

 “陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也”(暦便覧)

「日長きこと至る」
一年の中で最も昼の時間が長く、
夜の時間の短い日です。

陽が高まり、陰に転ずる(陰陽転化)
夏至を境に、これからは昼の時間が少しづつ短くなっていきます。


初候:乃東枯 (なつかれくさかるる)  6月21日~25日頃
 乃東とは、うつぼ草、夏枯草(かごそう)の古名です。
 冬至に芽を出し、夏至に紫色の花穂が枯れたように見えます。

次項:菖蒲華 (あやめはなさく) 6月26日~30日頃
 菖蒲の花が咲き始める頃。菖蒲と書いて「あやめ」と呼びます。
 花の時候を見るとハナショウブの咲く頃ではないでしょうか。

末候:半夏生 (はんげしょうず)  7月1日~6日頃
 半夏が生え始める頃。
 サトイモ科の「烏柄杓 (からすびしゃく)」のことで、
 田んぼや畑のあぜ道で自生しています。


夏至のの七十二候には、
生薬に使われている植物で季節を現わしていますね♪

■靫草(ウツボグサ)

生薬名:夏枯草(かごそう)
利尿剤として、また肝胆の熱をとるなどの効能があります。
詳細はこちらでそうぞ♪ ⇨【夏枯草】かごそう


■菖蒲

「端午の節句に菖蒲湯に入る」という習慣がありますが、
こちらは生薬名:菖蒲根(しょうぶこん)です。
(サトイモ科)
同じように「アヤメ湯」も一部の地域で親しまれています。
(アヤメ科)
血行促進、疲労回復効果、
またリラックス効果も高く、睡眠を促してくれるとも言われています。

■烏柄杓 (からすびしゃく)

生薬名:半夏(はんげ)
夏の半ばに花が咲き、
その頃採取することから「半夏」と呼ばれます。
(有毒)
吐き気止め(妊婦さんのつわり症状の軽減)
鎮咳、去痰、のどの痛みの緩和など。
詳細はこちらでそうぞ♪ ⇨【半夏生】

夏至の頃の養生

日本では梅雨の時期にあたります。
湿の邪気による不調が出やすい時期でもあります。

・頭や身体が重くだるい
・足や下半身がむくむ
・下痢や軟便
・頭痛、関節痛や不快感
・疲れやすい
・気力がでない
・動くまでに時間がかかる

心も体もダルダルな季節ですね^^

湿の邪気は消化の働きである五臓の「脾」を傷めるため、
活動するためのエネルギーが不足したり、
また水分代謝と大きく関わっているため
体内で水が滞りやすくなります。

消化のよいもの、
胃腸に負担のない調理法を選んで、
冷たい飲み物や食べ物はほどほどに。

蒸し暑くなると冷たい飲み物を欲してしまいますが、
胃腸が冷えてしまい働きがますます低下してしまいます。
お腹は冷やし過ぎず、
温める食材や代謝を高める食材を多めにとり入れるよう心がけてくださいね ˖✧˖°

大賀ハス

今月の薬膳教室スケジュール

10月の薬膳レッスン秋冬のウイルス対策
13(水)満席
14(金)残席1
15(金)残席1
16(土)満席
18(月)満席
20(水)満席
25(月)満席
26(火)満席
11月の薬膳レッスン季節の薬膳・冬
10(水)満席
11(木)満席
12(金)残席2
13(土)10時~満席
13(土)15時~残席1
15(月)満席