【白露】秋白し

【白露】はくろ

2022年9月8日
二十四節気の15番目

陰気ようやく重なりて 露こごりて白色となれば也
(暦便覧)

夏の名残りの陽気と
涼やかな秋の陰気が重なる頃。

朝夕の冷え込みで、
大気中の水分が露となり、
朝露となって草木に宿ります。

「露こごる」とは、
「凝る」と書き、
水分が冷えて固まる様子を表しています。

秋の暦もちょうど真ん中、
仲秋の候となりました。
季節は進んでいますね ˖°🍂✧˖°

初候: 草露白(くさのつゆ しろし)  9月8日~12日頃
  草花の上に降りた朝露が、白く輝いて見える頃。

次候: 鶺鴒鳴 (せきれいなく)   9月13日~17日頃
   秋の空に声高いセキレイの声が響き渡る頃。
  「小鳥」は秋の季語なのですね。

末候: 玄鳥去(つばめさる)  9月18日~22日頃
   春先に日本にやってきたツバメが、暖かい南の地域へと帰っていく頃。
   来春までしばらくお別れです。旅路お気をうtけて♪



秋は「白」

季語にも「白秋」「素秋」「金秋」がありますが、
全て陰陽五行説がもとになっています。

秋の白が表すものは
「清らかに澄んでいるもの」
「透明感があるの」

白露の頃は、
朝の陽の光に露が白く輝き
天高く澄み渡る空に
小鳥の声が響き渡り、渡り鳥が飛び立つ季節です。

もちろん食欲の秋♪
つややかに輝く新米ごはんが食欲をそそります。
秋に旬を迎える「梨」「蓮根」「山芋」なども
白が多いですね。

体の中では秋は「肺」の季節です。
とってもデリケートな肺は、
清潔を好み、
大気中の澄んだ清らかな気を取り込んで
全身にエネルギーを届けてくれています。

●9月の薬膳より
秋の白い食材は、
乾燥に弱い肺に潤いを与えてくれますよ♪

今月の薬膳教室スケジュール

12月の薬膳レッスン季節・冬
3(土)残席2
5(月)満席
7(水)満席
8(木)残席2
9(金)満席
14(水)満席
15(木)残席1
1月 おから味噌講座
20(金)残席2
21(土)満席