【冬至】福が生まれる日

【冬至】とうじ

2022年12月22日

日南の限りを行て日の短きの至りなれば也
(暦便覧)
一年中で最も夜の時間が長い日


一陽来福
「陰」が極まり、一陽が生ずる日

中国の易経の言葉で
昔は暦の起点となる重要な節目となっていました。
※本来は「一陽来“復”」です。

昔の人は冬至を
「太陽の力が復活する日」
として祝福したそうです。


冬の寒さや暗闇、恐怖感、
黒の世界からの生まれた一光。
頭の中で想像するだけでも嬉しさがやってきますね.˖✧˖°

易では「冬至占」と呼ばれる
来年の運勢を占う週間があります。
今年も来年について占ってみようと思います。

2023年四緑木星中宮、癸卯(みずのとう)の年です。
さてさて、
クリスマスゆず葉便りでお伝えしますね^^

初候: 乃東生(なつかれくさしょうず)  12月22日~25日頃
「乃東(なつかれくさ)」は「夏枯草」と呼ばれる「うつぼくさ」のこと。
「かごそう」と呼ばれるシソ科の生薬ですね♪ 初夏に紫色の花を咲かせます。

次候: 麋角解(しかのつのおつる)  12月26日~30日頃
 雄鹿の角が落ちる頃。春になると新しい角が生えてきます。
 落ちていたら是非拾ってください♪ 
「鹿角(ろっかく)」と呼ばれる腎精を養う生薬です^^

末候: 雪下麦出 (ゆきわたりてむぎのびる) 12月31日~1月4日頃
 雪の下では秋に撒いた麦が芽を出しています。
 たくましいですね。厳しい寒さに耐えながら春の到来を待っています。

♪ 冬至の日は柚子湯に入ろう
風邪をひかずに冬を越せると言われています。

ゆずの花言葉は「健康美」
ゆず葉の名前の由来です。
黄色い色はビタミンカラーで元気をくれますね♪



冬至=「湯治」
ゆず=「融通」(ゆうずう)が利く。
こんな語呂合わせだったり・・・

本来は「一陽来復」の運を呼びこむ前に、
香り高い柚子で邪気を祓うという意味があったようです。

現代では、血の巡りを良くしたり
美肌効果、リラックス効果があると云われています。

今日は柚子の香りに包まれて、
師走のひと時をゆったりと、
湯舟のぬくもりを感じてみようと思います♪

柚子と南瓜のケーキ 2022.11

今月の薬膳教室スケジュール

12月▸五臓腎の薬膳
6(水)残席1
7(木)満席
8(金)満席
9(土)残席1
11(月)満席
12(火)残席1
20(水)満席
2月▸薬膳ことはじめ花粉症対策
14(水)満席
15(木)残席1
16(金)残席1
17(土)残席3
おから味噌講座2023
12月21日(木)満席
1月16日(火)残席4
1月17日(水)残席2
1月20日(土)残席2