【小寒】寒の入り

【小寒】しょうかん

2022年1月5日
冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也
 (暦便覧)


寒の入り。
小寒から立春の前日である節分までの間を「寒の内」と呼び、
一年で一番寒い季節となります。

年始のご挨拶も、
今日から「寒中見舞い」となります。

初候:芹乃栄(せりすなわちさかう)  1月5日~9日頃
 春の七草のひとつである芹(せり)が冷たい水辺で生えだす頃。
 芹は春の香りがします♪ 年末年始の疲れた胃を助けてくれますよ。

次候:水泉動(しみずあたたかさをふくむ)  1月10日~14日頃
 冬至から甦った陽の光が大地を温め、
 地中で凍っていた泉水が少しづつ融けて動き始める頃。
 「水泉」とは、湧き出でる泉という意味を持ちます。

末候: 雉始めて雊く(きじはじめてなく) 1月15日~1月19日頃
 オスの雉が鳴き始めメスへの求愛の季節を迎える頃。
 雉は日本固有種の留鳥で、国鳥に選ばれています。
 オスは美しく勇敢で、飛ぶ姿が力強く男性的であり、
 メスは卵やヒナを身を顧みずに守る母性愛の象徴とされています。


1月7日【人日の節句】
五節句のひとつ

『せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、
 すずな,すずしろ、これや七草』


年のはじめに若菜を摘んで
新しい生命力を美味しく頂きましょう♪

平安時代から伝わる行事が、
江戸時代に七草粥となり一般に広まったそうです。

小寒の初候「芹乃栄」の頃に、
春を告げる春の新芽が顔を出し始めます。

芹やハコベ(ぺんぺん草)
ごぎょう=ハハコグサ
はこべら=ハコベ
すずな=カブ
すずしろ=ダイコン

最近はスーパーで七草セットが購入できるようになりましたが、
お庭や野原で春の新芽を見つけたら
摘んで帰り、
トントンと刻んで粥に加えてみてくださいね^^

七草なずな~♪
唐土の鳥が日本の国へ渡らぬ先に♪
ストトン トントンストトン♪

唐の国から渡り鳥が渡り、
風邪ウイルス等いろいろな邪気を運んでくる前に、
七草がゆを食べて免疫力を養いましょう。
という思いが込められた歌です。

春の七草は、
胃腸の働きを良くし、消化を助け、
気血の巡りを良くする薬草です。

年末年始の疲れが出てくる頃に
自然から届く春の贈りものです.°˖✧˖°

今月の薬膳教室スケジュール

①7月の薬膳レッスン季節・夏
13(水)残席1
14(木)満席
15(金)残席1
16(土)残席1
18(月)残席1
20(水)残席1
②五臓の薬膳
22(金)
残席2
9月 季節の薬膳
14(水)満席
16(金)
17(土)満席
21(水)満席
22(木)残席1