【春分】心地よさのバランス

【春分】(しゅんぶん)

(2022年3月21日)

日天の中を行て昼夜等分の時也
(暦便覧)


分は「半」なり。
春の季節の半分の日。

太陽が真東から昇って真西に沈み、
昼と夜の長さがほぼ等しい長さになる日。

陰と陽のバランスの取れた日であり、
陰と陽が転化する日。

これから日ごとに
日の出が早くなり、
日の入りが遅くなります。

初候:雀始巣(すずめはじめてすくう) 3月21日~25日頃
 雀が巣を作り始める頃。
 鳥たちが巣を作り始め、繁殖期を迎えます。

次項:桜始開(さくらはじめてひらく) 3月26日~30日頃
 桜の花が咲き始める頃。
 今年は暦通りに桜の満開を迎えそうな予感です♪

末候:雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) 3月31日~4月4日頃
 春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃。
 春先に寒冷前線によって起こる雷は「春雷」(しゅんらい)と呼ばれます。


河津桜がひと月遅れて満開となり、
ソメイヨシノの蕾も膨らんできましたね♪
街路樹の桜の木も
ほんのりとピンク色に感じらませんか^^


心も体も陽の気で満たされ、
楽しい気持ちが溢れ出る季節です。



でもでも。
ふわっとした陽の気は、
浮き上がりやすいのも春の気分です。

春分以降は陽の気が過剰になりやすく、
イライラ、のぼせ、めまい
などの症状もでやすくなります。

高ぶる気持ちは溜め込まずに、
少しづつ、ゆったりと発散させて♪
心地よさのバランスを感じてみてください。

時にはマスクを解放させて、
ゆっくりと深呼吸を ˖°˖❀°

今月の薬膳教室スケジュール

10月の薬膳レッスン季節・夏
12(水)残席1
13(木)満席
14(金)残席1
15(土)残席1
19(水)残席1
11月 季節の薬膳
9(水)残席1
14(月)残席2
16(水)満席
18(金)満席
19(土)満席
22(火)満席

次の記事

春の花粉症対策