◆3月のくらしの暦 ————-
 5日 啓蟄(二十四節気)
17日 彼岸入り
20日 春分(二十四節気)
————————————-
新月 10日 / 満月 25日

「弥生」やよい

”いよいよ草木が生い茂る月”

春の語源には、
・はる(発る)=万物が発する
・はる(張る)=木の芽が張り出す
・はる(晴る)=晴れやかな陽気になる
・はる(墾る)=田畑を耕す
などがあります。


「発陳」はっちん

中医学の古典には、
”陳(ふる)きを押し開き新しいものを発する”
とあり、生命力が動き出す季節です。

溜めていたものを発散し
デトックスできる季節です。

でもでも・・・
うっかりすると外へ上へと
発散するエネルギーが過剰となり
気と血が騒ぎだすこともあります。

のぼせやイライラ、抑うつ感、吹き出物など・・・



上昇・発散・デトックス、情緒の安定などは
「肝」のはたらきが関わっています。

薬膳、生活面、精神面において、
肝のはたらきをコントロールできる余力を失わないように
いつも以上にゆとりを大切にお過ごしください。

春の養生
♪まずは古きものを押し上げて発散させましょう
 押さえこまず、のびのびと、
 ふわふわっと穏やかに・・・

♪上昇する陽のコントロールを
 刺激性のもの、辛味・熱性の食材はほどほどに。
 香りプラスで気を巡らせましょう。
 肝を元気に!


3月の基礎クラスは「春の薬膳」です。
春の陰陽バランスを上手に味方につけて
芽吹きの季節をご一緒に楽しみましょう。

今月もどうぞよろしくお願い致します。

今月の薬膳教室スケジュール

4月▸五臓の薬膳
10(水)残席1
11(木)残席2
12(金)残席1
13(土)残席2
16(火)満席
17(水)残席1
5月▸季節梅雨の薬膳
15(水)満席
16(木)残席2
17(金)残席2
18(土)
21(火)残席1