梅熟す季節に♪

暦の上での【入梅】(雑節)は
6月10日頃です。

今年は関東では例年より早く梅雨入りしました。




雨多き季節に・・・
今日も雨・・・。
毎朝いろいろな気持ちで空を見上げる日が多くなりますね。

「梅雨」の語源にはいろいろありますが、
一説には「梅の実が熟す頃に降る雨」からきていると云われます。

熟した梅の甘酸っぱく幸せな香りに包まれる
“梅しごと”は毎年の楽しみでもあります♪

仕込んだ梅ジュースや梅干しが出来上がる頃には
梅雨があけて夏がやってきますよ♪

♪梅しごと2022 その1

株式会社フレスコ様にて掲載させて頂いている
季節のコラム「暮らしのかけら」6月号のコラムより

梅の実が熟す頃のコラムは、
とっても簡単な「梅味噌」をご紹介しました。

基本の材料は2つだけの
とっても簡単なレシピです。
・熟した梅
・味噌(大豆・麹・塩のみの味噌使用)



【薬膳から見る梅の効能】
梅は中国から漢方薬として渡ってきました。
生薬名は「烏梅(うばい)」
青梅の実を燻製にしたもので、
慢性の咳や下痢、不正出血や生理痛、吐き気などに用いられます。

日本最古の医学書にも
「梅は三毒を断つ」と紹介されています。

  • 食の毒
    梅は抗菌作用が高く、食中毒予防や感染症の予防、二日酔いに良い。
  • 血の毒
    主に熱中症の予防に役立ちますが、
    血の巡りは「心」に通じ、蒸し暑さによる心の不調にもおすすめです。
  • 水の毒
    余分な水の滞りを改善し、むくみ、だるさ、暑気あたりを改善します。


梅の酸味は汗のかき過ぎを抑えて、身体に潤いを生み出します。
食欲増進、疲労回復によいので蒸し暑い日本の夏に適した食材ですね♪


梅味噌アレンジレシピ
豚肉と夏野菜の梅味噌炒め

体の余分な熱をさまし、
元気を補う熱中症予防のための薬膳です。

梅のパワーで夏バテ知らず!!



今月の薬膳教室スケジュール

①7月の薬膳レッスン季節・夏
13(水)残席1
14(木)満席
15(金)残席1
16(土)残席1
18(月)残席1
20(水)残席1
②五臓の薬膳
22(金)
残席2
9月 季節の薬膳
14(水)満席
16(金)
17(土)満席
21(水)満席
22(木)残席1