【夏至】一陰生

【夏至】げし

2023年6月21日
二十四節気10番目

陽熱至極しまた、
日の長きのいたりなるを以て也
(暦便覧)

「日長きこと至る」
一年中で最も日が長く、
陽のエネルギーが満ちる日


夏至一陰生
陰陽には「陽が極まると陰となる」という性質があります。
夏至を境に一陰を生じ、
冬至まで陰が少しずつ大きくなり
自然界では昼の時間が短くなっていきます。

初候:乃東枯 (なつかれくさかるる)  6月21日~25日頃
 乃東とは、うつぼ草、夏枯草(かごそう)の古名です。
 冬至に芽を出し、夏至に紫色の花穂が枯れたように見えます。

次候:菖蒲華 (あやめはなさく) 6月26日~30日頃
 菖蒲の花が咲き始める頃。菖蒲と書いて「あやめ」と呼びます。
 花の時候を見るとハナショウブの咲く頃ではないでしょうか。

末候:半夏生 (はんげしょうず)   7月1日~6日頃
 半夏が生え始める頃
 サトイモ科の「烏柄杓 (からすびしゃく)」のことで、
 田んぼや畑のあぜ道で自生しています。


夏至のの七十二候は、
花や鳥、虫たちが季節をお知らせしてくれています。
生薬としての夏至の植物たちをご紹介します♪

■靫草(ウツボグサ)

生薬名:夏枯草(かごそう)
利尿剤として、また肝胆の熱をとるなどの効能があります。
詳細はこちらでそうぞ♪ ⇨【夏枯草】かごそう


■菖蒲

「端午の節句に菖蒲湯に入る」という習慣がありますが、
こちらは生薬名:菖蒲根(しょうぶこん)です。
(サトイモ科)
同じように「アヤメ湯」も一部の地域で親しまれています。
(アヤメ科)
血行促進、疲労回復効果、
またリラックス効果も高く、睡眠を促してくれるとも言われています。


■烏柄杓 (からすびしゃく)

生薬名:半夏(はんげ)
夏の半ばに花が咲き、
その頃採取することから「半夏」と呼ばれます。
(有毒)
吐き気止め(妊婦さんのつわり症状の軽減)
鎮咳、去痰、のどの痛みの緩和など。
詳細はこちらでそうぞ♪ ⇨【半夏生】

千葉の季節便り
大賀ハスの咲く頃



今月の薬膳教室スケジュール

3月▸季節春の薬膳
13(水)満席
14(木)満席
15(金)満席
16(土)満席
18(月)3名様より開催
19(火)満席
4月▸五臓の薬膳
10(水)残席2
11(木)残席2
12(金)
13(土)残席2
16(火)残席2
21(水)残席1