【大棗】なつめ

大棗(たいそう) なつめ
補気薬
性味:甘/温 
帰経:脾 胃
効能:補中益気、養血安神、緩和薬物


消化器官を元気にして「気」を養う
血を養い精神を安定させる。
不眠症やイライラを鎮める。
他の薬の作用を穏やかにする。



一日食三棗、終生不顕老」

1日3粒の棗(なつめ)で老い知らず。
楊貴妃も愛したなつめは、
エイジングケアにお勧めです♪

市販で見かける干し棗は、
生の棗を蒸してから天日干しにしたものです。
薬膳レストランでは必ずといって使われている生薬ですね。



中国では、
生なつめの季節になると市場で出回るのですが、
日本ではあまりみかけません。
旬があっという間なことや、
美味しくて虫がつきやすいことも要因でしょうか。

日本では、飛騨高山地方が有名な産地です。
旅行などにいた際に見かけたらぜひお試しください♪

リンゴのような爽やかな香りと優しい甘味、
シャキシャキした食感が楽しめますよ(*^^*)


生徒様からお土産で頂きました♪



[栄養学からみる効能]
ビタミンCに優れている。
ビタミンA、カリウムも多く、
豊富な栄養効果で美肌&アンチエイジングにお勧め。

更年期障害や不妊治療に使われたり、
免疫力を向上させる作用も認められています。

なつめの調理法


■なつめ茶
~作り方
洗ってから外皮を少々やぶき、お湯でコトコト煮だす。
棗の皮は堅いので、成分をしっかり出すために
必ず外皮を破って下さいね。


■なつめ酒  
大棗を細かく切り、ホワイトリカーとグラニュー糖を加えて2ヶ月以上寝かす。
滋養、強壮に。不眠症にもよい。

■スープ・煮込み料理に。
薬膳の基本は生薬を煮出したスープを頂くこと。
お肉と野菜になつめを加えて煮れば、簡単スープのできあがりです♪

■なつめジャム
砂糖少なめ、又は砂糖フリーでどぞ。

■なつめドレッシング
補気薬の処方を参考にアレンジしました♪



今月の薬膳教室スケジュール

10月の薬膳レッスン秋冬のウイルス対策
13(水)満席
14(金)残席1
15(金)残席1
16(土)満席
18(月)満席
20(水)満席
25(月)満席
26(火)満席
11月の薬膳レッスン季節の薬膳・冬
10(水)満席
11(木)満席
12(金)残席2
13(土)10時~満席
13(土)15時~残席1
15(月)満席

One thought on “【大棗】なつめ

この投稿はコメントできません。