竹の子(淡竹)

竹の子の旨煮

[竹の子]
※生薬では、ハチク【淡竹】が用いられます。
性味:甘/寒
帰経:胃・大腸
効能:清熱・化痰・通便・解毒・透疹

※脾胃が弱い方、虚弱体質な方は食べ過ぎないこと。



今年も掘りたての竹の子を頂きました♪

名人曰く、
地上に出て育っているものは固くて美味しくない。
地上に顔を出さず、
まだ土中に隠れているものを足で探し当てるそうです。
小ぶりですがとても柔らかく、アクも少ないのです。



春はデトックスの季節
山野草や竹の子の苦みは体の中の新進代謝を高めて、
体にたまった余分なものを排出するお手伝いをしてくれます。

薬膳での効能は、
・熱がこもる炎症(肺熱や皮膚炎等)などを改善する。
・食物繊維が豊富でデトックス効果が高く、
 便秘解消や、痰を無くしたり排出するなどの働きがあります。


今、世界を騒がしているあるアノ症状改善にも使えそうですが、
エビデンスがないので…
自身が軽症の症状に罹った際は取り入れてみようと思います。

竹の子と鶏肉の旨煮

炎症がある時は寒性の力を利用しますが、
今日は温性で胃腸を温め元気を生み出す鶏肉と合わせ、
体の代謝力を高める煮物を作りました。


美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますが、
食べ過ぎた年にアトピーは悪化したこともあります。
アクがついので食べ過ぎには注意が必要ですよ^^


初物を食べる♪
強い生命力を(寿命)を頂こう!
季節を感じる食卓は、小さな幸せです。

今月の薬膳教室スケジュール

11月の薬膳レッスン季節「冬の薬膳」
11(水)満席
12(木)満席
13(金)満席
14(土)満席
16(月)満席
17(火)満席
15(水)満席
2021年1月の薬膳レッスン五臓「腎の薬膳」
13(水)満席
14(木)満席
15(金)残席2
16(土)残席1
19(火)残席1
20(水)満席
21(木)満席