金木犀【桂花】ケイカ

秋風にのって、
金木犀 (きんもくせい) の優しい香りが届き始めました♪

きんもくせい

中薬では金木犀の花を乾燥させて用います。
「桂花」(けいか)と呼ばれ、
身体を温め、寒さを追い出す力があります。

身体が冷えて血流が悪くなることのよる痛みや
生理痛の緩和、冷えの改善などを改善してくれます。

痰や咳にも効果があるので、
晩秋の養生茶にお勧めです♪

「桂花陳酒」はよく知られていますね。
甘くて飲みやすいお酒です。
おちょこ一杯程度であれば…
低血圧の改善、不眠症、健胃作用や口臭を予防が期待できます。
お酒はほどほどに^^

「桂花」(けいか)  金木犀の花

性味:温・辛甘   帰経:心脾肝胃


*薬膳的効能*
温中散寒・理気止痛・化痰止咳

金木犀の咲く秋は「憂い」の季節です。
優しい香りに包まれて、
気持ちをゆったりと♪ リラックスできますね。


調理法

・桂花茶
金木犀の花が咲く頃に五分咲き位までの花を摘みます。
優しくふると自然に落ちてきますよ♪ 茎などは取り除きます。
そのままでも使えますが、日陰で乾燥させておくと保存できます。
紅茶や烏龍茶とブレンドしてお楽しみください。

・シロップ漬け
砂糖を煮溶かしたシロップに加えてさっと煮て冷まします。
デザートなどシロップとして彩りも楽しめます。

今月の薬膳教室スケジュール

9月の薬膳レッスン季節「秋の薬膳」
9(水)満席
10(木)満席
11(金)満席
12(土)満席
14(月)満席
15(火)満席
15(水)満席
10月の薬膳レッスン五臓「肺の薬膳」
14(水)満席
15(木)満席
16(金)満席
17(土)満席
20(火)満席
21(水)満席