【金針菜】萱草のつぼみ

金針菜のつぼみ
鮮やかな黄色の花は「黄花」とも呼ばれ
先端は針のように鋭いので金針菜という名前がつきました。


金針菜】きんしんさい
ユリ科のホンカンゾウのつぼみを乾燥させたもの
性味:甘/涼
帰経:肝腎
効能:清熱・利水・消腫・解毒・平肝・補血・止血

・体内にこもった熱を冷まし、利尿作用、解毒作用を持っています。
 体内の湿熱邪、血熱による炎症、夏風邪や尿道炎などにも効果が期待できます。
・鎮静作用があり、気の高ぶりを静めてイライラなどのストレスを解消します。
・血を養います。鉄分はほうれん草の10倍ともいわれています。
 精神の安定が得られ、不眠の解消にも効果的です。




中国では「ホンカンゾウ(本萱草)」の花蕾を用いるようですが、
日本では、
「ノカンゾウ(野萱草)」や「ヤブカンゾウ藪萱草)」を食します。
※ノカンゾウは一重、ヤブカンゾウは八重の花を咲かせます。

“萱”には“忘れる”と言う意味があり、
美しい花に愁いを忘れると言う意味で”ワスレグサ”とも呼ばれます。
眠りをサポートするメラトニン用物質が含まれていることもあり、
気持ちを安定させてくれるのですね♪


金針菜の調理法
ノカンゾウの新芽
ノカンゾウのお浸し

新芽は3月の終わりから4月頃。
地上に顔を出した頃に採取して
さっとゆでてお浸しにします♪

【貧血改善の薬膳】
生金針菜と黒木耳の塩麴炒め


金針菜の蕾が出回るのは6月中頃から。
これから花を咲かせる時に摘んでしまうのは、
少しかわいそうですね・・・

生の蕾には毒があるので、
必ず火を通してから食します。

中華料理店で見かけたら食べてみてください。
シャキシャキっとした食感と少し粘り、
とても美味しいです。

干した金針菜
百度より

干した金針菜は乾物として、
水で戻してスープや炒め物に使います。
旨味がコクをプラスしてくれますよ♪

血が足りず、イライラしやすいタイプの方に
常備してほしい乾物のひとつです♪

今月の薬膳教室スケジュール

3月▸季節春の薬膳
13(水)満席
14(木)満席
15(金)満席
16(土)満席
18(月)3名様より開催
19(火)満席
4月▸五臓の薬膳
10(水)残席2
11(木)残席2
12(金)
13(土)残席2
16(火)残席2
21(水)残席1