【寒露】秋の霧

【寒露】かんろ

2022年10月8日

陰寒の気に合って
露むすび凝らんとすれば也
暦便覧


草木に冷たい露が降りる頃。
朝夕は気温がぐんと寒くなり秋が深まります。


寒露とは、
晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。  

朝晩の冷え込みによって
地表や水面から上る水蒸気が霧のようになり、
朝霧が立ち込めるようになります。

初候:鴻雁来 (こうがんきたる)  10月8日~12日頃
  雁が北から渡ってくる頃。
  晴明の次項「鴻雁北」 と対になった候で、
  春に北へ帰って行った冬鳥が再び日本へやってきます。

次候: 菊花開 (きくのはなひらく)   10月13日~17日頃
  菊の花が咲き始める頃。
  この時期に青空が広がり晴れることを「菊晴れ」といいます。

末候: 蟋蟀在戸 (きりぎりすとにあり)  10月18日~22日頃
  戸口でコオロギなどの秋の虫が鳴き始める頃。
  夕暮れが早くなり、秋の虫たちが戸口の明かりに誘われてやってきます♪


春は霞、秋は霧。

秋は霧(きり)
春は霞(かすみ)
春の夜は朧(おぼろ)

季節やに時間によって、
同じような景色でも
呼び名によって見えてくる景色が違いますね♪


春の七十二候、雨水の次項には
「霞」の言葉がありました。

春の優しくふんわりと。
夜はぼんやり、おぼろげに。

秋は清らかな空気を感じさせる。

自然を楽しむ和の心。
大切にしたいですね .°˖✧˖

今月の薬膳教室スケジュール

12月の薬膳レッスン季節・冬
3(土)残席2
5(月)満席
7(水)満席
8(木)残席2
9(金)満席
14(水)満席
15(木)残席1
1月 おから味噌講座
20(金)残席2
21(土)満席