【啓蟄】春の香り

【啓蟄】(けいちつ)

2023年3月月5日

陽気地中にうごき、
ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり
(暦便覧)

(けい)=「ひらく」 
(ちつ)=「土中で冬ごもりしている虫」

春の日差しが大地を包み、
土中で冬ごもりしていた虫たちに
春の香りが届きます。
春だ♪ そろそろ外へ出てみようかな~

初候:蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく) 3月5日~9日頃
 冬ごもりしていた虫たちが目覚める頃

次候:桃始笑(ももはじめてわらう) 3月10~14日頃
 桃の花が咲き始める頃

末候:菜虫化蝶(なむしちょうとかす) 3月15日~19日頃
 菜虫が羽化し、蝶となって舞い始める頃



季節は「仲春」
「啓蟄」から次の時候「春分」までが
ちょうど春の中頃となります。

ひと雨降るごとに暖かくなり、
三寒四温を繰り返しながら、
季節は少しずつ進んでゆきます。

食卓に春の香りを♪

菜の花が食卓に並ぶと
春を感じさせてくれますね。

体を目覚めさせる役割をもつ
春の苦み野菜のひとつです。

抗酸化力も高く、
血液の流れをよくしてデトックス効果を促し、
春の不調を改善する力をもっています。


春は肝の力となる「血」も大切です。
良質なたんぱく質もしっかりとってくださいね。

2023.3 春の薬膳




よかっったらこちらもどうぞ♪
春の苦み【ふきのとう】
⇩ 画像をクリックしてください

今月の薬膳教室スケジュール

4月▸五臓の薬膳
10(水)残席1
11(木)残席2
12(金)残席1
13(土)残席2
16(火)満席
17(水)残席1
5月▸季節梅雨の薬膳
15(水)満席
16(木)残席2
17(金)残席2
18(土)
21(火)残席1