ぼた餅とおはぎ

2022


春の彼岸の入り。
彼岸といえば「ぼた餅」「おはぎ」ですね♪

昔から小豆の赤色には
魔よけの効果があるとされ、
邪気を払う食べ物として
ご先祖様にお供えするようになったと云われています。


「ぼた餅」と「おはぎ」

牡丹の花咲く「ぼた餅」
牡丹の花のようにぽってりと作ります。

牡丹は血を調える生薬であり、
華やかな縁起のいい花として
魔除けや病除けとしての思いも込めて。


の花が咲く「おはぎ」
秋の七草でもある萩は生薬として利用されていました。
濃いピンク色の花は、
牡丹と同じく魔除けや病除けの思いが込められています。

小豆の皮が柔らかい新豆の季節は粒あんで、
粒を萩の花の咲き乱れるさまに似せ、
形も上品に小さな俵型に作ります。

季節を楽しむ日本人の豊かさを感じますね .°˖✧˖°


3月の薬膳スイーツ
「ゆず葉のぼた餅」

ほんのりと大人の味が隠れていますよ♪


私はやっぱり粒あん派♪
豆の存在感がある粒あんが大好きです。

牡丹の季節を前に、
小さくぽってりと作りました^^


今月の薬膳教室スケジュール

10月の薬膳レッスン季節・夏
12(水)残席1
13(木)満席
14(金)残席1
15(土)残席1
19(水)残席1
11月 季節の薬膳
9(水)残席1
14(月)残席2
16(水)満席
18(金)満席
19(土)満席
22(火)満席