【大暑】暑中お見舞い申し上げます

【大暑】たいしょ

2023年7月23日
二十四節気12番目

暑気いたりつまりたるゆえんなれば也
(歴便覧)


暑の気が至り
暑さが最も厳しい頃。

20日より夏の土用に入り、
暦の上では晩夏を迎えました。


初候:桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ) 7月23日~27日頃
  桐の花が実を結ぶ頃
  桐は初夏の頃に紫色の花を咲かせ、晩夏の頃に実を結びます。
  神様の鳳凰がとまることから神聖な木として親しまれています。

次候:土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし) 7月28日~8月1日頃
  溽暑(じょくしょ)は湿度の高い蒸し暑さのこと。
  湿気を帯びた大地に夏の陽射しが照りつけ、水分を蒸発させ、
  暑気が立ち上がって蒸し暑い頃です。

末候:大雨時行(たいうときどきふる) 8月2日~6日頃
  夕立など、激しい大雨が降りやすい頃
  突然の激しい雷雨への対策を!


関東地方は22日に梅雨明けしました。
真っ青な空と白い雲、
梅雨明け直後の数日は
厳しい夏の日差しが続きます。

食からの暑さ対策、夏バテ予防を取り入れて♪
元気に夏を乗り切りましょう。

夏を元気に過ごす養生法

・体の熱を冷ます食材を取りれる
・心のエネルギーを養う。
・汗をかいたら潤いとエネルギーチャージを!
・胃腸は冷やさない!
・「笑」は心が喜びます。

今月の薬膳教室スケジュール

7月▸季節夏の薬膳
10(水)残席1
11(木)満席
12(金)残席2
13(土)
16(火)残席1
17(水)残席1
7月▸五臓心の薬膳
18(木)残席2
19(金)残席2
9月▸季節の薬膳
12(木)残席2
13(金)残席2
14(土)
17(火)
18(水)残席1

前の記事

火‣夏の薬膳

次の記事

【苦瓜】ゴーヤ