【陳皮】ちんぴ

冬の果物と言えば「みかん」

お正月の家族団らんに
こたつとみかんが定番だったことを思い出しますね♪

温州みかん


みかんの薬膳
消化を助け、
食欲を増進させます。
気の巡りをよくしますので、
胃もたれや胃腸が張って食欲が無い時に効果的です。

体を冷やす涼性の食材ですが、
風邪を引いた時には、
肺の熱を冷まして
咳や呼吸器系の不調を改善します。

ビタミンCもたっぷりですので、
風邪予防にも役立ちます♪


みかんを食べた後は…
ぜひ「陳皮」を作ってください˖✧˖°

きれいに作りたい時は、
白色部分を取り除いたりしますが、
単純に乾燥させるだけで大丈夫!!


image

陳皮(ちんぴ) 温州みかんの皮
性味:温/苦辛
帰経:脾胃腎 
効能:理気、燥湿、調中、化痰



温州みかんの皮を乾燥させた「陳皮」は
体を温める温性になります。

生薬としては、
3年以上おいたものを用います。
「陳」が古いという意味なんですね^^


「気」を巡らせる力は、
みかんの果肉よりもさらに強まります。

お茶にしたり、
汁ものや炒め物にトッピングしたり、
手軽に取り入れることができますよ♪

七味唐辛子の中にも入っていますので、
辛味が必要ない時の薬味のイメージでしょうか。

体にたまった湿気を乾燥させる力もありますので、
年末年始の食べ過ぎで、
胃腸や胸が詰まったときにもお勧めですよ^^

SONY DSC

今月の薬膳教室スケジュール

10月の薬膳レッスン秋冬のウイルス対策
13(水)満席
14(金)残席1
15(金)残席1
16(土)満席
18(月)満席
20(水)満席
25(月)満席
26(火)満席
11月の薬膳レッスン季節の薬膳・冬
10(水)満席
11(木)満席
12(金)残席2
13(土)10時~満席
13(土)15時~残席1
15(月)満席